今日はこのお話です。
ある外国で、サーカスに連れてこられた小象のお話です。

サーカス

小象は、ずっと鎖につながれて暮らしてきました。

サーカスで芸を教わりましたが、小象は、なかなか
できるようになりません。

失敗すると、ムチで叩かれたり、エサをもらえなかったり、
辛い思いをした小象は、何度も逃げ出そうとしました。

でも、後ろの右足が鎖につながれ動けません。
何度も何度も、鎖と杭を外そうとしましたが駄目でした。

やがて小象は、逃げることをあきらめるようになりました。

そして、サーカスで訓練された小象は成長し、
芸ができるようになりました。

芸ができるようになると、褒められたり、
大好物のリンゴをもらえたり、
それなりに楽しい日々を過ごしていました。

「自由になりたい」
「外はもっといい世界なんだろうな」
と、時々考えることはありましたが、

「自分は逃げることが出来ないんだから、しょうがない」
「今のままでいいんだ」と思い込むようになりました。

数年経ち、小象は立派な大きな象に成長しました。
でも、相変わらず鎖につながれたままです。
象は、本当に逃げられないのでしょうか?

いいえ。成長した象は、普通1トン以上の重さのものを
鼻で軽々持ち上げることができます。

鎖を外すなんて、今の力をもってすればわけないことです。

でも、象は、小象だった頃、何度も試して、
鎖を外せないと思い込んでいるので、
もう、はなから諦めてしまっているんですね。

自分だけがそう思い込んでいるだけなので、
周りからすれば、実におかしな状況です。

私たち人間も、同じような状況になっていないでしょうか?
小さい頃に親から言われたこと、今までの経験や失敗、価値観、
周りの人や環境などによって、あなたの思考は形成されています。

あなたが、今、「私には出来ない」
「~~さんだから出来るんであって、自分には無理」
と思い込んでいることはありませんか?

「本当は、自由に生きていきたい」
「本当は、お金持ちになりたい」
「本当は、・・・したい」

あなたにも、何かしらやりたいことや夢があるはずです。

でも、本当にそれは、今のあなたには
出来ないことなんでしょうか?

今のあなたは、鎖を外すことができるはずです。

もし、これを読んでいるあなたが
「自由に何かをやることができない」とか
「何かで成功したいんだけど、何をすればわからない。」
と思っている方がいたら、私に相談してください。

私も何かしたいけど、何をしていいのか
わからない人だったので、仲間です。

相談して一緒に考えていきましょう。
最後まで、読んでいただいて、ありがとうございます。

 

PS

ブログ読者にプレゼントです。

情報ビジネスを行う上でのビジネス思考や、 ビジネスノウハウを解説する講座です。

http://bit.ly/1RMN4uk

自分でビジネスをするとはどういうことなのか?

お金と時間の考え方、投資意識と行動意識などのビジネスをするには必ず必要な思考から、

長期的に稼ぎるつづけるビジネスのつくり方

自分のスタイルにあったビジネスのやり方

コミュニティをつくることの重要性など、 ビジネスの本質的なノウハウにて提供します。

これからビジネスを始める人はもちろん、

実践しているけど、成果が出せない人にもオススメな、 原点回帰にもなる「いろは講座」です。

http://bit.ly/1RMN4uk