ビジネスは、全部1人でやろうとしたら、時間が掛かって
しまいます。何かを誰かと協力してやった方が早く結果が
出ます。ここでは、そのJVについて説明していきます。

ジョイントベンチャー

■JVとは何か

JVとは「ジョイント・ベンチャー」の略です。
ベンチャー同士で合同する、ということですね。

ネットビジネスの世界では、ある程度有力な人同士が組むことを指します。
(別に有力でない人が組んでもJVと名乗っていいはずですが)

ここではそのJVのメリットや、
どのように組む相手を探すのか、ということを書いていきます。

■JVのメリット

JVはとにかく早く稼げます。
というと楽して稼ぐ系の話に聞こえるかも知れませんが、
そういうのとは全く違います。

あくまである程度実力や実績のある人間同士が組むわけですから、
その両者の実力が融合して稼げるという、
「中身のある」早く稼げるです。

・なぜ早く稼げるのか

これは、特定の分野で力がある人は、
別の分野のハイレベルな人と組むことができるからです。

たとえばあなたがコンテンツメーカーだったとします。
教材の制作者ですね。
そして、その道で高い評価を得ているとします。

100点満点だったとしたら、たとえば80点だとしましょう。
そうすると、別のジャンルの80点の人ともすぐに組むことができるのです。

たとえば集客が得意な人ですね。
集客の80点のスキルや媒体を今から獲得しようとすると、
それはものすごい時間がかかります。
その人の元のレベルにもよりますが、数年かかるというのは普通でしょう。

これが、80点の人と組むことによって、
極端な話「一日」に短縮できるのです。

■もちろん、タダではない

もちろん、タダでこの能力が手に入るわけではありません。
集客を手伝ってもらう分、利益を折半する必要があります。

コンテンツメーカーと集客が得意な人の場合、
大抵の場合は集客ができる人の方が有利です。

コンテンツがものすごいレベルだったら話は別ですが、
抜きん出ているコンテンツでなければ、
「売る人が努力しない限り売れない」からです。

(努力なしで売れるコンテンツを作るのが、
本当は一番いいんですけどね)

しかし、そんなコンテンツはそうそう作れるものではないので、
ネットビジネス業界で出回るコンテンツは、大抵、
「集客によって売る必要があるもの」です。

例外もありますが、大抵はそうなので、
コンテンツメーカーと集客をする人の場合、
後者の方が有利なケースが多いです。

(ただ、これは交渉次第でいくらでもどうにかなります。
それについては、またあとで詳しく語るとしましょう)