【細田守作品】竜とそばかすの姫を見て来たのでレビューします!ネタバレあり。

4.5
田舎暮らし
この記事は約7分で読めます。
SHINTARO
SHINTARO

自由気ままなノマドワーカー

片岡慎太郎です。

 

本日は【細田守作品】竜とそばかすの姫を見て来たのでレビューして行きたいと思います。

 

ストーリー

50億人がすれ違う

美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える――

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。

母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探しアンベイル

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

もうひとつの現実。もうひとりの自分。
もう、ひとりじゃない。

『竜とそばかすの姫』スタッフ

原作・脚本・監督:細田 守

企画・制作:スタジオ地図

作画監督:青山浩行

CG作画監督:山下高明

CGキャラクターデザイン:Jin Kim、秋屋蜻一

CGディレクター:堀部 亮、下澤洋平

美術監督:池信孝

プロダクションデザイン:上條安里、Eric Wong

音楽監督/音楽:岩崎太整

音楽:Ludvig Forssell、坂東祐大

衣装:伊賀大介、森永邦彦、篠崎恵美

『竜とそばかすの姫』キャスト(声優)

すず/ベル:中村佳穂

竜:佐藤健

しのぶくん(久武忍):成田凌

カミシン(千頭慎次郎):染谷将太

ルカちゃん(渡辺瑠果):玉城ティナ

ヒロちゃん(別役弘香):幾田りら

ジャスティン:森川智之

イェリネク:津田健次郎

スワン:小山茉美

ひとかわむい太郎・ぐっとこらえ丸:宮野真守

吉谷さん:森山良子

喜多さん:清水ミチコ

奥本さん:坂本冬美

中井さん:岩崎良美

畑中さん:中尾幸世

すずの父親:役所広司

予告動画『竜とそばかすの姫』30秒CM 忘れられない夏になる篇

舞台のモデルは高知県

細田作品では『サマーウォーズ』の長野県や『おおかみこどもの雨と雪』の富山県など、これまで日本の実在の場所が舞台となってきているのだが、最新作『竜とそばかすの姫』の舞台は僕の地元、高知県!!

現在、地元高知県にUターン移住を検討中なんですが、移住候補の1つにある仁淀川流域も映画に出て来ていた。

鏡川

通学シーンで何度も出てくる川のモデル。歌ったり同級生と過ごしたり。いろんな絵で登場している。高知では毎年夏になると鏡川祭りがあり、中高生の時は毎年行っていた。懐かしい!笑

現在は鏡川祭りはやっていないみたいだ( ゚Д゚)

「よさこい祭り」のオープニングを飾る高知市納涼花火大会はやっているみたいだが、現在は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためイベントは中止。

来年はあるのかなー。

浅尾(あそお)沈下橋

仁淀川の流れる越知町の浅尾沈下橋。夏にはアユ釣りを楽しむ太公望たちでにぎわう。仁淀川は日本随一の清流として知られる川。その水の美しさは“仁淀ブルー”と称されている。

安居(やすい)渓谷水晶淵

西日本最高峰、石鎚山系の森から流れ注ぐ仁淀川支流の安居川。「とにかく水がめちゃくちゃ綺麗!」渓谷奥に位置する「水晶淵」は、深くなるにつれて青が濃くなる淵の景観。竜とそばかすの姫では、すずの幼少期の思い出の場所として登場していた。水晶淵の少し奥にある水のカーテンが美しい砂防ダムや渓谷のシンボルである「飛龍の滝」など、周辺には他にもめちゃくちゃ綺麗なスポットがたくさんある。

JR 土讃線伊野駅

JR土讃線高知駅から須崎方面行きの列車に乗り約20分、吾川郡いの町にある伊野駅。伊野駅は、高知県吾川郡いの町にある、四国旅客鉄道土讃線の駅。すずが高校への登下校の際に利用する駅である。駅舎内の描写は、路線図や地面の点字ブロックまでかなり忠実に再現されており、背景美術のこだわりがめちゃくちゃ感じられる。駅から徒歩数分の場所には、現存する日本最古の路面電車「とさでん」の“伊野駅”もある。ちなみに伊野には教習所があり高校生の時、当時の彼女と一緒に免許を取りにいった。上の画像を見たとき、僕は昔の高知駅やん!って思ってたのだが、伊野駅らしい。

高知県の観光情報サイト「よさこいネット」『竜とそばかすの姫』スペシャルサイト

舞台のモデルとなったガイドマップをダウンロードする事が出来ます(^^)/

↓↓↓↓↓↓↓

ネットの反応

https://twitter.com/junri5h/status/1422934876534153219

https://twitter.com/Sanctuary1982/status/1432985463539654661

https://twitter.com/na_souko/status/1431992392870100992

竜とそばかすの姫をみた感想

地元高知が舞台の映画と言う事で見に行ったのだが、色んな記憶にある景色が出て来て個人的にはおもしろかったが、ストーリーが微妙!笑

僕はサマーウォーズの方が好きかなー。笑

色んな人の感想をみたのだが、号泣!みたいな感想がいくつもあったのだが、どこで泣くのか全然わからなかった!( ゚Д゚)

泣ける場面ってある??( ゚Д゚)笑

映像や音楽はめちゃくちゃよかったです(*^^*)

関連商品

さいごに

SHINTARO
SHINTARO

地元高知が舞台の映画という事もあり見に行ってきたけど、まぁまぁ面白かったで!!見に行ったって方は是非コメントで教えて下さい(^^)/

おもしろそー☺

私も見に行って来ますね🌟

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コチラの記事もおススメです。

40歳でセミリタイア!高知の田舎にUターン移住してWEBマーケターから●●に転職!?
僕の夢リストに「40歳でセミリタイア」という夢が書いてあります。来年には実現させたいのですが、セミリタイアして高知の田舎に移住計画中です。本日は40歳でセミリタイア!高知の田舎にUターン移住してWEBマーケターから●●に転職!?について記事を書いて行きたいと思います。

 

P.S.

パソコン1台で自由な生活を送りたい方は、7日間の無料メール講座を是非受けて下さい★

ブログとは別にLINE公式アカウントでも情報発信しています。

僕に共感できる部分やご興味がある方はLINEの追加もお願いします。

ブログランキング

クリックで順位が見られます!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村


ノマドランキング


FC2 ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました